So-net無料ブログ作成
読書。。 ブログトップ

最近。。。 [読書。。]

また読書にはまってます。

三沢にいたときもそうでした。
なん十冊読んだことか。。。
ここに来てからも、最初は読まなかったのですが、今年に入ってから加速し出して、現在のところ22冊を今日読み終えたところです(^^)v

三沢の時は、主に重松清の作品だったのですが、既に彼のものはほとんど読み終えてしまい、今は色々な作家の本を読み漁っています。

棚にこんな感じて積み上げてます。。。(^^;


ほんの一部。。。
あ。
一番下は、CDでした(^-^;

またまた。。。^^; [読書。。]

つい先日、重松清の新しい小説「峠うどん物語」が発刊されました。。。

この土日で読んでいます。

で、なにをまたブログに綴ろうと思ったかというと、やっぱり、泣けるんです。。。

以前読んだ、映画にもなった、「その日の前に」のように明らかに泣ける場面はそんなにないんです。
普通の生活の場面ばかりなのに、泣けます。。。


さて、続きを読みます σ(^_^;

峠うどん物語(上)

峠うどん物語(上)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/19
  • メディア: 単行本


その日のまえに。。。 [読書。。]

いま、映画で上映していますね。

「その日のまえに」

これ、以前小説で読んでいました。
「映画化決定」という帯が付いていたので、映画化されるんだ、と思いつつ読みました。

まえにもたしか書いたと思うのですが、これが泣けるんですね。
1ページも読み進めないところもありました。
これが映画となると。。。映画館に行けませんね。。。(^^;)
あとで、DVDでこっそりと観ます。。。

で、今回何が言いたいかというと、またこの連休自宅に帰っていたのですが、その往復いつもの通り小説を準備して読んでいました。

ただし、今回はちょっと違う作者のもの。

熊谷達也という人が書いた「虹色にランドスケープ」という本です。

バイクの話を中心に、オムニバスで何作か書いてあるのですが、その中の登場人物がそれぞれの物語で一人重なっているんですよ。
読んでいると、ああ、あの登場人物の若いときだ、とか、あのときの直前なんだ、とか。。。
結構おもしろい。

これ、「その日のまえに」でも同じ感じで書かれているんです。

登場人物がそれぞれの物語で重なり合っている。
「その日のまえに」では、ほとんど同時進行的な物語なんですけど、「虹色にランドスケープ」は、微妙に時期がずれています。

なかなか読んでいておもしろいですね、こういう形の物語。

皆さんもお一ついかがですか?
「その日のまえに」と「虹色にランドスケープ」


涙腺がゆるいのかなぁ。。。 [読書。。]

今日まで休暇をいただいていました。
いつまで続くんですかねぇ~、この単身赴任。。。

以前は、休暇のたびに、映画をザウルスにいれて観ていました。
最近は、専ら小説にはまっています。

ここのところ、ずーーーーっとはまっている作者。

 「重松清」

読んでいる本はほとんどが、この重松清の作品です。
前にも書きましたけど、同い年。
小学生や中学生の書き方がちょっと極端かなぁ、とは思いますが、全体的に私好みの文章です。

で、今読んでいる文庫本、「その日のまえに」。

ダメだぁ~~~。
もう、1ページも読めない、という箇所が実に多いです。
どうして?って、泣けるんですよ、これがまた。

飛行機の中、駅、電車の中、空港で読んでいますけど、涙が出そうになって何度中断したことか。。。

歳が同じということもあり、共感する部分がとても多いですね。
ま、私がある時点から感受性が強くなっているせいもあるんですけど。。。
あ、その内容は秘密ね。。

あーー、ダメだ。
やっぱり、涙なくして読めない。。。
今も半ページ読んだだけで、涙が溢れてきそうです。

でも、いい作家に出逢いました。。。

はまってます。。。 [読書。。]

ここ数日間、長女の卒業式のために、自宅に帰っていました。

いつも、羽田か大阪経由の2ショットで行くので、結構羽田空港で時間をもてあましてしまいます。

で、時間があるといえばやっぱり読書なのですが、最近、読みたい本、作家がありませんでした。
本屋に入ってみるものの、何も選ばずに帰ってくることもしばしば。

そんな中、たしか新聞の批評か何かだったと思うのですが、気になる本を見つけました。

題名は、「流星ワゴン」という小説です。
流星ワゴン

何となく気になっていて、ある日、本屋に行ったときに探して買ってきました。

これが、はまりましたね。
作者は、「重松清」という方が書いているのですが、同年代ということもあるのでしょうけど、書き方が何となくおもしろい。
ある小説の批評には、「もっとも効果的と思われる視点がさりげなく採用され」ているという。
たしかにそうだ、と思いました。

今まで、何作読んだでしょうか。。。
私は、どちらかというと、日本の小説は読まなかった方で、映画も含めてもっぱら洋物ばかりでした。
でも、この作家の小説は、ちょっと違いますね。
おもしろくておもしろくて、次から次と買ってしまいます。

なんのこっちゃ??と思われるでしょうが、読めばわかります。

ただ、一つ引っかかる部分が。。。
色々な小説に登場してくる子供達、みんな冷めてる。。。
本当にそうなのか?と、問いたくなってきます。。。
しっかり育てなくてはなぁ。。。と、つくづく感じます。。。。

でも、のめり込むこと間違いなし。
皆さん、読んでみてくださいな。。。

あ、べつに回し者ではありませんので。。。(^_^;)


読書。。 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。